2018年09月24日

母はスーパーウーマン

ご覧いただきありがとうございます。26歳専業主婦が2歳♂(ぼーじゅ)0歳♀(ピノ)の子どもたちとの日常や時々夫(オットー)のことを綴っています。
登場人物紹介はこちら

今日は実家で安心しきっていたのか
急な眠気に襲われて、
子どもより先に昼寝(笑)
子どもより先に就寝(笑)
という寝落ちパターンでした


「もーやばいー今日は急に眠気に襲われる瞬間があって無理やー」
と言った私に母が
「昔よう言われたよなー。もう!すぐ寝る!な!聞いてる?!聞いてる?!なあってば!はあ、もうええわ。」

ひぇ〜ごめんなさい〜!


結婚してから、

オットーがお皿自分で下げてくれるだけ、自分の分は自分で洗ってくれるだけで全然違うんやけどなー。
ゴミぐらい捨ててくれたらなあ…
と、ボソッと言った私に
「ずっとお母さんがあなたに言うてたことやけどな。」

ひぇ〜〜ごめんなさい〜〜!!


あー実家最高〜なんもせんでもご飯出てくるイェーーーイ!!!
「おかあさんも実家欲しいわ。」

ひぇ〜〜〜ごめんなさい〜〜〜!!!


母は昔から私の中では働きながら家のことをするスーパーウーマンでした。
友達にも私のお母さんかっこいいねん、
と自慢するくらいに。
今考えたら、
家は散らかっていたはずなのに
そんなことは関係なく、スーパーウーマンでかっこいいと思っていました。
お手伝いをさせるのは下手くそで全部自分でやっちゃう人です。
いつも母の背中を追いかけて、母を目指して育ってきました。


子どもは親の背中をよく見ています。

細かいことだけど、
  • 開けたら閉める
  • 出したら片付ける
  • 嘘をつかない
  • 横断歩道を渡る
  • ブレない
そういうちょっとした事の積み重ねが大事なのかなと思っています。

いつか私も、
“お母さんみたいになりたい”
と言ってもらえるようなママになりたい。
道のりは長いけど、少しずつ私のペースで頑張っていきます。

よろしければ1日1回ポチッと

応援をお願いします
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




このエントリーをはてなブックマークに追加
hirakyk2219775 at 01:15|PermalinkComments(0)日常 | 子育てアイデア

2018年09月23日

急に始まったひっつき虫

ご覧いただきありがとうございます。26歳専業主婦が2歳♂(ぼーじゅ)0歳♀(ピノ)の子どもたちとの日常や時々夫(オットー)のことを綴っています。
登場人物紹介はこちら

金曜日の夜から実家に来ています。
そして急に始まったピノのひっつき虫


1メートル離れるとぎゃーっと泣き、

ママじゃないとだめーーー!
と言わんばかりに泣き叫び…


くっつくと
IMG_4777
ご機嫌〜


、、、困ったもんです(笑)
ぼーじゅの時もきっとあったんだろうけど、
もう忘れちゃいました(笑)

今までがいい子すぎたから、これからまだまだいろいろでてくるんだろうなあ…


誰もが通る道。頑張ります。

よろしければ1日1回ポチッと

応援をお願いします
⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



このエントリーをはてなブックマークに追加
hirakyk2219775 at 20:28|PermalinkComments(0)日常 | ピノの物語

リレーフォーライフ2018

9月22日
IMG_4753


リレーフォーライフとは
↓↓↓


私もまだ数回しか行ったことがなくて、詳しいことはよくわかっていませんが、

ガンで亡くなった方達を偲び、ガンと闘っている方達を応援する。
というのが目的…ですかね。


今日は暗くなってからチラッとだけでしたが、
母とぼーじゅとピノと私の4人で
遺族として参加してきました。
実は4年前の10月に兄を肉腫で亡くしています。
兄のおかげで知れたリレーフォーライフ。
兄が導いてくれたご縁です。



リレーフォーライフでは
エンプティテーブル
というものが存在します。
IMG_4755


静寂した一角に、真っ白いクロスの引かれたテーブル。リレー・フォー・ライフのシンボルの1つです。

座る人のいない椅子と、白い布をかけた机を飾ります。

それは会場に来ることが出来ないサバイバーや亡くなった方々を偲ぶ場所だそうで、

亡くなった方がこの日はこの椅子に座りに来るのだそうです。

今日は、ここに、兄に会いに来ました。

おうどん食べて、フランクルト食べて、たこ焼き食べて…散々楽しんでから(笑)

近くに行って、ぼーじゅに

「おじちゃんいてる?」と聞くと

「うーん、、、いてない」と。

あらまあ残念〜(笑)



ぼーじゅはそういうけれど、

なんだか兄に会えた気がして、少し嬉しくて、そして切なくなった日でした。

まだまだ心の整理が追いついていないところもあり、

ざわつく心を鎮める場所でもあります。

遺族の心のケアは今後の医療の課題でもあると誰かが言ってました。(誰やねん)



今ではすばらしく可愛い子どもたちに囲まれて、忙しい中でも幸せいっぱいに笑いの絶えない日々を送れています。

だけど、それが、兄のことを忘れていっている気がして少し悲しい…。


私は、子どもが大好きな兄に、私の子どもの姿をみせたくて、婚活をしました(笑)

これもまた、兄が導いてくれたご縁です。

ありがとう。

毎日元気に朝を迎えられること、感謝しなくてはいけませんね。





そんな今日この頃。

ぼーじゅの昼寝おち(笑)

IMG_4754



↓よろしければ1日1クリックをお願いします↓


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





このエントリーをはてなブックマークに追加
hirakyk2219775 at 02:19|PermalinkComments(0)日常 | 悩み